素肌細胞の中ではセラミドなどの脂質がつくられます

細胞が死んで角質細胞に変わる際、こういう脂質は細胞出先に排出され、細胞の近辺を埋めます。これが、角質細胞時間脂質と呼ばれるもので、細胞個々をつなぎ留めて、ますますモイスチャーを抱え込みのです。
角質細胞時間脂質はいくつもの脂質の混ざり合ったもので、その一つがセラミドなのです。

セラミドは肌のの潤いを続ける主な脂質で、肌のモイスチャーの約80%を保水しています。
肌のモイスチャーって、油分でフタしているのでは?

それほど、メイク水をがっちり塗ってそして乳液やオイルでフタをください、というビューティー手法を耳にすることがあります。
ですので、肌の油分がフタをして内側のモイスチャーを保水しているのでは?と思っている人も少なくないと思いますが、実は、そうではなかったのです。角質階層の仕掛が検討され、油分が守っているわけではない、ということが今日わかったのです。

肌のモイスチャーの約80%がセラミドによって保たれ、余裕は、天然保湿条件というものが17~8%、そして残りの2~3%が皮脂と言われています。単に2~3%で全体のモイスチャーを続けることはできないでしょう。

肌のモイスチャーを守っているのはセラミドなのです。そのセラミドはモイスチャーにフタをやるの訳ではなく、セラミドとモイスチャーが幾階層にも重なりあって、ラメラ構図というミルフィーユのような構図をしています。
角質細胞の間にはセラミドとモイスチャーが重なった階層が、8つくらいあるそうです。ED治療薬を選ぶならこちらのサイトが参考になりますよ